DIR EN GREYの京の言動はちょっと大人気ないような気がした

世界でも活躍人気のロックバンド、DIR EN GREY。

私はあまり詳しくないけど昔の曲で好きな曲もありますし、知ってる人でファンをしている方もいます。

若いV系バンドマンから見たらこのバンドはカリスマ的な存在ではありますが、ちょっとボーカルの京の言動がなんか偉そうでちょっとイラっとしてしまいました。

京は素晴らしいボーカリストだと思うのですが、ファンに対して厳しいと思います。

私は見ていないのですが、会員制サイトの中でアンコールで声を出さないファンに対しての愚痴を書いていたそうです。

でも大きな声を出すことが出来る人ばかりではありませんし、そのようなファンの方は落ち込んでしまったりする人もいたみたいです。

よく分からないのですが、機嫌を悪くして途中で退場してしまったようです。

一部の人たちはスマホをいじったりお喋りしているマナーの悪いファンのことを言っているのではないかと書いていましたが、何も退場することはないと思います。

もし本当にマナーが悪い人のことならばストレートに愚痴ればいいだけのことだと思います。

大きな声が出ない体質の人でもDIR EN GREYの音楽が好きでライブを見に来ていることは変わらないのだからもっとファンに優しくして欲しいです。ミュゼ 背中脱毛

大都市圏の方に移動してしまう若い力を呼び戻す

地方から進学で大都市圏に行く学生は多いです。

信念を持って進学し、様々な知識を得ていると思います。

その知識と若い力は、これからの地方に必要です。

地方創生と叫ばれていますが、その担い手は若い力と思います。

その若い力を呼び戻すことは、簡単ではないです。

住みやすい住環境であるか、就職したい会社があるかなどが、問題になります。

もちろん、地方出身者のUターンだけでなく、大都市圏からのIターンも対象です。

当然、住環境の整備や企業誘致の努力は必要です。

しかし、それをPRしないと大都市での就職に関心がある学生には、伝わらないと思います。

様々な情報を駆使して、情報発信すべきです。

一つの例ですが、地方の山梨県と大都市圏の大学等で就職促進の協定を結ぶ取り組みがあるようです。

それも数校ではなく、数十校です。

就職促進の協定を結んだ学校で、県側は、就職ガイダンスへの職員派遣やUまたはIターン就職情報の掲示とメールマガジン配信などを行い、学校側は、UまたはIターン就職情報を学生に提供そして学生向けの当該県のメールマガジンの情報提供などを行います。

これは一つの例ですが、様々な方法で若い力を呼び込む必要があります。https://www.ohiobiz.co/jyunyu-kouso.html